おはよーございます。しらたまパパです。

赤ちゃんが産まれると、まだ遊べないのに色々なおもちゃを用意してあげたくなっちゃいますよね。
ガラガラやぬいぐるみなどの小さいものは邪魔にならないのでいいですが、1ヶ月目ぐらいの時にしらたまママがベビージムを購入しました。
当然、まだ目も見えていないので遊べないのですが、しらたまママに聞くと「少しでも脳に刺激を与えたい」と言うので、しばらくはしらたまを床に置くときに敷きマットのかわりとして使っていました。


2ヶ月過ぎる頃には、目もだいぶ見えてきているのか、ベビージムにぶら下がっているぬいぐるみを見たり、ガラガラの音に反応したりするようになりました。

by カエレバ
実際に自分で遊び始めたのは3~4ヶ月目ぐらいからだと思います。手や足をバタバタさせるようになるので、たまたまベビージムのぬいぐるみに手や足がぶつかって動くのに反応したり、手が使えるようになると、ぬいぐるみを引っぱったりしていました。

5ヶ月にもなると、偶然ではなくて狙ってぬいぐるみやガラガラをはじいたり、引っぱって、ぬいぐるみのタグや、ガラガラに付いているひもをペロペロするようになります。
しらたまはぬいぐるみや洋服についているタグが大好きのようで、タグを見つけると嬉しそうにずっとペロペロしています。

6ヶ月になって、寝返りやずりばいができるようになったので、ベビージムに置いてもすぐに飽きてしまうのか、あまりベビージムで集中して遊ぶことがなくなった気がします。
気が付くと寝返りをして、ゴロゴロとベビージムの外に移動してしまいます。

結局、3~6ヶ月までの間が一番活躍した感じです。
意外に使える期間が短いですが、ベビージムのおかげなのか、しらたまは手が器用になったと思います。
6ヶ月検診で、お医者さんがガーゼを赤ちゃんの顔に置いて、それを自分で払いのけることができるかの検査があるのですが、しらたまは瞬間的にどけていました。
お医者さんも思わず「あ、早い!」と言っていました。
しらたまママのベビージムで「脳を刺激する」というのは成功したようですね。

それでは、また。

読んでくれてありがとうございます。
ポチッと応援お願いします。
↓↓↓


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村 マタニティーブログへ