おはよーございます。しらたまパパです。

5ヶ月あたりで首が座り始めると前向き抱きやおんぶができるようになります。
また、今まではちょっとぐらいグズってもベッドの上などに放置できましたが、寝返りもはじめるので、目が離せなくなります。



以前のブログで書きましたが、うちではエルゴベビーの「360」対応のものを買ったので、前向き抱きもおんぶもできるのですが、おんぶするときは誰かに支えてもらわないと一人ではちょっと怖いです。

しらたまママは夜中に授乳しているので、朝ご飯の支度(したく)はパパの担当です。
と言っても、朝は納豆と卵かけごはんとお漬物というメニューなので、しらたまパパは味噌汁を作るぐらいなんですが。なるべく食物繊維が取れるように根菜類で具沢山味噌汁にしています。

家事をやっているママさん達にはわかってもらえると思いますが、抱っこしながらだと手元が見えないのでなかなか家事はできませんよね。
おんぶだと、家事が捗(はかど)ります。
なんとか寝ているしらたまママを起こさずにおんぶができないものか・・・。

一度、力技でしらたまを持ち上げておんぶしたのですが、背中にかつぐときにしらたまが「ぐぇ」っと潰れたカエルみたいな声を出してヒヤッとしました。
肺が押されて変な声が出ただけだったのですが、赤ちゃんはやわらかいし、無理して怪我でもさせたら本末転倒なので、それ以来一人でかつぐのはやめました。

おんぶのいい方法はないのかと、色々とネットを調べてみると、napnap(ナップナップ)というおんぶ紐(抱っこ紐?)がありました。

by カエレバ

エルゴと違うのは、napnapには「落下防止ホルダー」という赤ちゃんの下半身を固定するネットが付いているので、赤ちゃんをホルダーに入れれば、肩紐から赤ちゃんがずり落ちないようになっています。
エルゴにも「ベビーウエストストラップ」という落下防止のストラップがありますが、エルゴでおんぶするときは、一度前で抱っこしてから背中のほうに赤ちゃんを回すようにしておんぶするか、誰かに赤ちゃんを支えてもらって背負う必要があります。

napnapは落下防止ホルダーがあるので、ランドセルを背負うみたいに肩紐を肩にかけて赤ちゃんのポジションを調整してから腰ベルトを止めるだけでおんぶできます。
エルゴは腰からポジションを決めていくのに対して、napnapは肩からポジションを調整していく感じです。

おんぶの方法は公式の動画がありました。



「napnap Basic」は落下防止ホルダーが胸まであって、ホールド感も良さそうですが、「napnap Compact」は落下防止ホルダーが少し小さい(腰までしかない)のですが、たたむとB5サイズで小さくて軽いので、ベビーカーでのお出かけの時などにもバッグに入れて持っていけるのが嬉しいです。

by カエレバ
うちはメインの抱っこ紐としてエルゴがあるので「napnap Compact」にしました。
公式のたたみ方の紹介動画を貼っておきます。本当にコンパクトで軽いです。



コンパクトはベーシックよりも落下防止ホルダーが小さいので、背中から迎えに行くときに横にずり落ちないようにコツがいるのですが、napnapで一人でおんぶができるようになったので、家事も楽になりましたよ。

それでは、また。

読んでくれてありがとうございます。
ポチッと応援お願いします。
↓↓↓


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村 マタニティーブログへ