おはよーございます。しらたまパパです。

離乳食をはじめてからしばらくたったある日、しらたまパパが離乳食をあげていると、横で見ていたしらたまママに「スプーンはまっすぐに抜かないとダメよ!」と注意されました。
しらたまママはこの時間帯は、出産でボロボロ&タプタプになった身体を元に戻すためにホットヨガに通っているので、しらたまに離乳食をあげるのはパパの担当です。


この日はたまたま、ママがホットヨガ教室から早めに帰ってきたのと、離乳食をあげるのが遅くなったのが重なって、食べ始めたところにママが帰ってきたのです。

そうは言っても、スプーンの丸みがあるのでちょっと上に抜かないと、離乳食が口に入らないと反論すると、わざわざ4ヶ月検診の時に区役所でもらってきた離乳食の食べさせ方のプリントを探し出してきて、「ここに書いてあるでしょ!」とドヤ顔です。
温厚なしらたまパパも、ママのドヤ顔にちょっとムカッときたので、「じゃあ自分でやってみて」と離乳食係を交代してもらいました。

ところが、ママがスプーンをまっすぐに引いても、しらたまが器用に唇を使ってきれいに離乳食を食べるのでした。これにはしらたまパパも「ぐぬぬ」と間違いを認めるしかありません。
しらたまママはますます調子に乗って、ますますドヤ顔でしらたまに離乳食をあげています。

それでちょっと微妙な空気になっていたのですが、しらたまパパが離乳食後のミルクを飲ませている時に、ママが「あれ?歯が生えてる?!」と言いました。
そういえば、最近よくおもちゃや哺乳瓶の乳首をカミカミしていました。
見ると、下あごからちっちゃなかわいい白い歯が出てきていました!

さっきまでのパパママの微妙な空気もどこかに飛んで行って、「わー!歯が生えたー!」と喜びムードに。
赤ちゃんの幸せパワーってすごいですね。しらたまにはいつも心が癒されています。

それでは、また。

読んでくれてありがとうございます。
ポチッと応援お願いします。
↓↓↓


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村 マタニティーブログへ